自賠責・任意保険の一括対応(一括払い)について

MENU
自賠責・任意保険の一括対応(一括払い)について

一括対応(一括払い)制度とは

交通事故時などが起きた際の賠償責任の保険としては、基礎的な部分として自賠責保険があり、それの上乗せ保険として、任意保険があります。
上乗せ保険という言葉通り、任意保険では、自賠責保険の保険金額を超過した部分について、それに上乗せする形で補償されます。
実は、これら二種類の保険は全く別の制度になるため、一回の事故において二種類の手続きが必要になってしまい、手間と膨大な時間が掛かるとこになります。
これは二種類の保険を担当する会社が同じであっても変わりません。
そこでこの手続きを、任意保険を担当する会社が自賠責保険側の補償部分を建て替えるという形で一括対応してしまおうというのが一括対応(一括払い)制度と呼ばれる制度です。

一括対応のメリット・デメリット

この制度を利用する際には、相手方の保険会社からの同意書が必要です。

一括対応のメリット

この一括対応によるメリットとしては、被保険者にとっては手続きが少なくなり、二つの制度から補償される保険金を早期に一括で受け取れるという事でしょう。

 

事故で負った怪我などを治療している医療機関においても、請求が簡易で早期に行われるため、この一括払いを推奨することが多いです。
ただし治療期間が長くなる場合には、保険会社から大きい過失であるとか、症状固定期間は過ぎている、診療が過剰である、などの理由により、病院での治療にかかる費用を健康保険での支払いに変更するように言われることがあります。
こういった連絡があった場合でも、傷病に対する自覚症状が残っている場合は、安易に妥協してはいけません。

一括対応のデメリット

任意保険の会社を通して後遺障害の認定をすると、後遺障害に対する自賠責保険の保険金は認定された等級に見合ったものであっても、示談がまだ成立していない場合は保険金を受け取れないため、先に後遺障害に対する保険金を受け取りを希望する場合は、後遺障害部分の期間のみかもしくは障害部分の期間療法に対する一括対応の適応を解いて、自分自身で自賠責保険の会社に対して被害者請求をする必要があります

 

保険会社は、自社の利益を一番に考え、巧妙な理屈で迫ってきますから、それに屈しないためにも、専門家である弁護士をたてて、手続き・交渉をするのがベストです。