人身傷害補償保険とその特徴

MENU
人身傷害補償保険とその特徴

人身傷害補償保険とは

人身障害補償保険は、契約している車に乗車している搭乗者が、事故で死傷した場合にお金が支払われる保険です。
契約している自動車に乗車している記名被保険者だけでなく、同乗していたその家族に対しても保険金が支払われます。

搭乗者傷害保険との違い

一般的な搭乗者傷害保険との違いは、搭乗者傷害保険で支払われる保険金は定額であるのに対し、人身傷害補償保険の場合は、保険金が実損金額となることです。定額と実損金額のどちらが得かは、ケースバイケースです。

 

さらに、記名被保険者やその家族が街中を歩いている時に事故に遭遇したり、自転車に乗っていて事故に巻き込まれた場合でも補償してもらえますし、もし自らの不注意てガードレールや壁などに激突してケガを負った場合でも支払ってもらえるのも、搭乗者傷害保険にはない、人身傷害補償保険の特徴です。

保険金が支払われるケース

保険金が支払われるケースとして、他にも被保険者が契約車両以外を運転している場合に事故を起こした時も該当します。
ただし、二輪や原付といったバイクそして営業用の自動車は対象にならないケースもありますので、契約している保険内容をしっかりと見直しておく必要があります。

支払われる保険金額

前述のとおり、人身障害補償保険では、実際に支払った分の金額が補償されることになりますので、安心して通院もしくは入院できる反面、搭乗者傷害保険のように一日あたりの補償額が定額ではないので、実際にかかった金額よりも多くは受け取れません。
ただし休業補償や慰謝料が含まれる場合もありますので、ケースによって受取ることができる金額は変わってきます。

 

さらに全面的に当方に非があり、過失割合が100パーセントというケースでは対人賠償保険のみだと、自分の治療費は全額自己負担しなければなりませんが、人身障害補償保険なら自分の治療をしっかりと行った上で、保険にて相手に対し示談金を支払うことができ、生活ができなくなってしまうことはありません。
いずれにせよ過失割合に関係なくスピーディーに損害額を保険会社に負担してもらえますし、重度後遺障害に対して手厚くカバーしてもらえるプランもあり、いざという時にとても助かる保険なのです。