事故証明と申請方法

MENU
事故証明と申請方法

事故証明書とは

事故証明とは、正しくは「交通事故証明書」という書類のことです。
この書類は交通事故に遭うと、必ず必要となる書類の一つで、内容は「警察に事故の届け出を出し、その事故の事実確認をしてもらいました」という「事故が発生したことを証明する書類」になっています。
交通事故証明書の作成者は、自動車安全運転センター法により、自動車安全運転センターの都道府県方面事務所長となります。
交通事故の当事者が正しく適正な補償を受けられるように、警察から提供される証明資料に基づき作成されます。

事故証明書の内容・申請者・申請期限

この証明書の具体的な記載内容は「事故の発生日時、発生場所、当事者の住所氏名、相手方の自賠責保険会社?証明書番号」となっており、証明書の交付によって人身事故の被害者が、自賠責保険の被害者請求手続きをすることができるのです。

 

事故証明の申請者となれる人は被害者、加害者、家族などの事故証明書が交付されることで正当な利益のある人、のどれかのみとなっています。

 

また、この書類には申請期限が設けられており、人身事故は事故発生日から5年、物件事故は事故発生日から3年です。


事故証明書の申請方法

申請方法は、警察署、交番、駐在所、自動車安全運転センター事務所、損害保険会社に備え付けてある申請書(振替払込取扱票)か、窓口申請用紙で申請することができます。
書類に必要事項を記入し、所定の手数料を添え、郵便窓口かセンター事務所の窓口での申し込みになります。
尚、手数料は証明書1通につき540円で、申請後は通常10日から2週間ほどで申請者に郵送されるか、センター事務所で直接受け取ることになります。また申請はインターネットでも可能です。
物件事故というのは、人の死傷をともなわない物の損傷のみの交通事故のことですが、もし証明書を発行した後日、人への障害が出た場合、物件から人身の事故の交通事故証明書への切り替え手続きが必要となります。
この場合は、診断書を取ってから再度警察署へ出頭することとなります。