実況見分調書

MENU
実況見分調書とは

実況見分調書とは

実況見分調書とは、実況見分した内容を記載する書類です。
ではそもそも実況見分とは何なのでしょうか。
実況見分とは、人身事故が発生した場合に警察が現場を訪れ、その様子を調べる事を言います。
何故事故が発生したのかを調べ、内容を文章にする事で証拠として残します
その書類が実況見分調書という訳です。
これには文章だけではなく、図面や写真等も添付され、より解り易く記載されています。
図面に関しては、別に事故現場見取図という事もあります。

実況見分調書はなぜ重要か

では実況見分調書はどうして重要なのでしょうか。
先にも述べましたが、事故現場について調査した物をまとめた書類です。
警察はこれを元に、加害者や被害者、目撃者等、事故に関わった人から話を聞いて供述調書という物を作成します。
更に、実況見分調書と供述調書を合わせて刑事記録として保管するのです。
つまり、刑事事件の証拠書類の一部と言えます。
被害者と加害者の間で過失割合を決定する際や、裁判になった時の判決要因として利用されるのです。

正しく記載されているか確認しましょう

もし自分が人身事故に遭った場合は、被害者加害者を問わず、実況見分に立ち会い、確実な情報提供をするように心がけましょう。
逆に、立ち会う事で自分の行動や証言がきちんと記載されているかどうかをその場で確認する事も可能です。
あとで間違いがあった場合、それが真実かどうかを判断するのは難しいので、できるだけ早い段階で確認するに越したことは無いのです。
自分がどのような立場であろうと、事故に直接かかわった人間には違いありません。
警察の記載が間違っているのであれば、きちんと指摘しましょう。

実況見分調書の注意点

また実況見分調書には注意点があります。
まずは簡単には持ち出せないという事です。
自分が事故の当事者であれ、単に閲覧したいだけの場合であれ、いつでもどこでも見る事はできません。
閲覧をする場合は、まず警察署の交通事故係に行きます。
そこで加害者の送致日や送致先検察庁、そして送致番号を確認し、検察庁の記録係を訪問しましょう。
警察署で確認した情報を担当者に伝える事で確認できます。
但し必ず閲覧できるわけではありません
書類や事件によっては不可能な物もあります。
可能であっても申請した当日は不可能です。
余裕をもって申請しに行きましょう。
またコピーも場合によっては可能です。
これを謄写と言いますが、もしコピーが必要な場合は合わせて依頼をしましょう。