交通事故と労災保険

MENU
交通事故と労災保険

交通事故に関係する保険

交通事故に遭ったら、起こしてしまったら、必ずと言っていいほど関わってくるのが保険です。
交通事故に関係する保険といえば、まず真っ先に、自賠責保険(強制保険)が頭に浮かぶ人が多いでしょう。
その次は、任意保険かもしれませんね。
任意とはいえ、かなりの割合で加入している人が多いですから。
これ以外にも、実は関係する保険はあります。
就労上で交通事故に遭った場合は、労災保険も関係してきます。

自賠責と労災保険の優先順位

では、実際にはどの保険を使えば良いのでしょうか?
任意保険は自賠責保険の補完的保険ですから、ここでは除外して、自賠責保険と労災保険についてお話ししたいと思います。

役所間の通達

自賠責保険は国土交通省管轄、労災保険は厚生労働省管轄で、両方とも国の保険制度であり、実は、役所間で「交通事故の場合は自賠責を優先する」旨の通達が出ています。
従って、交通事故が起こって、厚生労働省管轄の役所に問い合わせると、自賠責を優先するように言われます。

有利な方を使う

しかし、これは法律で決まっているわけではないので、必ずしもこれに従わなければならないわけではありません
特に、保険金の支払は、自賠責と労災の間では差があることもあり、労災を使った方が有利であるケースもあるので、どちらが有利かをあらかじめ考えたうえで、請求の申請をしたほうが良いです。

 

労災保険を使った方が良いケースの一例としては、自分の過失割合が大きい場合が挙げられます。
自分の過失割合が7割を超えると、自賠責の場合保険金が2割から5割減額されます。
労災は、過失割合による減額はありません。
これはほんの一例であり、まさにケースバイケースで、有利不利が決まってきます

自分だけの判断は危険

ネットでケーススタディーも見かけますが、細かな条件で結果も変わってくるので、ネットの情報だけで判断すると本当に危険です。
公平な立場でアドバイスをくれる事故に強い弁護士に相談することをおすすめします。