弁護士費用特約と注意点

MENU
弁護士費用特約で知っておきたいこと

弁護士費用特約とは

弁護士費用特約とは、自動車保険へ加入する際にオプションとして申込みができる特約の一つです。

 

最初からプランに組み込まれている場合もあれば、自ら弁護士費用特約の申込み手続きをしなくてはならないケースもあります。
特約をつける費用は保険会社によって異なりますが、数千円程度で済む場合が多く、事故発生時に加害者もしくは被害者に対して弁護士が示談交渉をしてくれる上に、その弁護士費用を保険会社が負担してくれるのです。

弁護士費用特約が役に立つ具体例

具体的な事例としては、自分が自動車事故において被害者となったケースで、過失の割合がゼロの場合は保険会社が示談に介入してくれることはありません
加害者側が弁護士を用意している場合、正当な示談金が受け取れなかったり解決するまでに長時間かかってしまうなどの心配がでてきますので、こちらも弁護士を立てて対抗する必要があります。
交通事故関係に多く携わっている弁護士事務所であれば、煩わしい手続きなどを代行してくれますので、スムーズに事後処理を行うことができ、自らは事故によるケガの治療に専念することができます。


弁護士費用特約で知っておきたいこと

弁護士費用特約を利用する際の注意点としては、必ずしも保険会社が用意した弁護士に依頼をする必要がないという事実を知っておくということです。

 

場合によっては、依頼者が費用の一部を負担しなくてはならない弁護士事務所があったり、離婚問題や労働争議ばかりを専門としていて、あまり交通事故関係の処理に携わったことがない弁護士だと解決までに長時間かかってしまったり、示談交渉に失敗してしまったりすることがあるからです。

 

また保険会社ができるだけ弁護士費用を抑えようと、弁護士に対して報酬を少なくした場合に、案件の解決が後回しにされてしまう恐れもあり、自ら懇意にしている弁護士へ依頼をした方が迅速に解決を図れるケースもあるのです。

 

そのため、弁護士費用特約の利用を積極的に受け入れている、交通事故を専門とした弁護士に依頼をすることが大切です。