任意保険の基礎知識

MENU
任意保険の基礎知識

保険加入の必要性

車やバイクといった乗り物を購入する際には、それに伴って保険に加入しなければなりません。
これらの乗り物は、最悪の場合人を死に至らしめてしまうケースも発生することから、保険の加入は、ある意味世間一般の常識となっていることもありますが、自賠責保険については、自賠法という法律により加入が義務付けられているということもあります。

自賠責との違い

ただ、加入が強制されている自賠責保険だけ加入しておけば、それで十分かといえば、残念ながらそうとはいえません。

 

事故で発生する損害は、人が死傷した場合の人身損害と、物が壊れたりする物損があります。
自賠責保険でてん補されるのは、人身損害だけで、物損はてん補されません
「自分の車が壊れた」「相手の車が傷ついた」「ガードレールを破損してしまった」といった損害は、自賠責ではてん補されないのです。

 

また、人身傷害も、最大3000万円までと、支払われる保険金の限度が決まっています
死亡や後遺障害のケースでは、慰謝料等も含む損害額を計算すると5000万円を超えることもざらにあります。
そのような場合は、自賠責保険だけでは対処できないということになります。
任意保険で、例えば対人賠償補償や対物賠償補償は無制限という契約がほとんどである理由は、こういった状況でも対処できるようにしておきたいという希望の表れと言えます。

任意保険のここに注意

ただし、注意しておかなければならないのは、任意保険は、あくまで自賠責保険の補完的役割という立ち位置であるということです。
自賠責保険に未加入で事故を起こした場合、任意保険に入っていても、自賠責保険部分の保険金はおりません

 

具体的には、たとえば、人身事故を起こして、相手への損害賠償額が4000万円だったとします。
通常、自賠責保険・任意保険の両方に加入して入れば、自賠責から3000万円、任意保険から1000万円の保険金がおります。
しかし、自賠責保険に未加入の場合は、任意保険から4000万円おりるわけではなく、自賠責部分の3000万円を差し引いた1000万円がおりるだけだということです。