後遺障害の逸失利益

MENU
後遺障害の逸失利益について

賠償金の金額

交通事故の際、被害者が後遺症を負ってしまった場合には、加害者側は賠償金を支払うことになります。
その賠償金の金額は、その事故によって異なるため一律のものではありません。
では、その金額を決めるための計算方法はどのようなものになるのでしょうか。

賠償金の額を左右するもの

まず、その方がその家庭にとってどれほどの影響力を持っていたかという点が大事になります。
一家の大黒柱として、家族全員を養っている働き盛りの方であったのであれば、その後遺症によって仕事に支障が出て、場合によっては職を失ったり、そこまではいかなくとも別の職に就かなければならないケースが考えられます。
その際には、それだけ賠償金の額も上がるのです。
一家の収入がなくなってしまっては、のこされた家族が生活できません。

後遺障害逸失利益の計算方法

実際の計算方法としては、収入額と労働能力喪失率を用いて算出します。
今現在の収入から考えて、将来どれほどの額を稼ぎ出すことができたのだろうか、ということを割り出すのですが、そこから労働能力喪失率といって、就労に制限が出てその労働能力が失われてしまったパーセンテージを便宜的に出し、それを将来稼ぐことができたであろう金額にかけ合わせることによって、後遺傷害逸失利益の額が決定します。

 

これを基準として賠償金の額が決められることになりますので、年収が高く、将来的にも引き続きその高年収を維持していったであろう方であると、かなりの額の賠償金を支払わなくてはならないのです。


逸失利益計算の鍵を握るもの

労働能力喪失率は、後遺障害の等級によって決まるので、後遺障害の逸失利益が納得のいく金額になるには、適正な等級に認定されることが不可欠となります。
もし、納得がいかない場合は、すぐに事故に強い弁護士に依頼することをおすすめします。
時間がたてばたつほど、納得がいく方向での解決が難しくなります。

関連ページ

後遺障害等級とは
後遺障害1級
後遺障害2級
後遺障害3級
後遺障害4級
後遺障害5級
後遺障害12級
後遺障害14級
後遺障害診断書
後遺症と他覚的知見
後遺障害認定の申請
後遺障害の認定の申請は、事前認定と被害者請求の2つの方法があります。 それぞれのメリットとデメリットについて、わかりやすく解説しています。