後遺障害認定の申請

MENU
後遺障害認定の申請について

後遺障害認定の申請

後遺症は、急性期の症状が治癒した後も残る機能障害や神経症状のことですが、このうち後遺障害として申請されて認められたものが「後遺障害」です。
通常の入通院慰謝料とは別に支払われる「後遺障害慰謝料」を請求するためには、後遺障害の認定を受ける必要があります。
申請は、事前認定被害者請求の2つの方法があります。

 

 

事前認定のメリット・デメリット

「事前認定」は、相手方が加入する任意保険会社を通じて、調査事務所に申請する方法です。

 

交通事故でケガをして治療を行う場合、相手方の任意保険会社が自賠責分の立て替えを行うケースが多く、一定期間治療しても後遺症が残ると、そのまま後遺障害等級の認定手続きを行ってくれます。
任意保険会社が全ての手続きをしてくれるので、書類を揃えたり申請を行う手間が省けて便利ではありますが、被害者のために適切なアドバイスを行うことは期待できません。
後遺障害等級の認定は、損害賠償額を大きく左右する重要な手続きなので、加害者側の任意保険会社に任せることに違和感を感じる方は少なくありません


被害者請求のメリット・デメリット

「被害者請求」は、被害者の側が直接、加害者の自賠責保険会社に対して申請する方法です。

 

自分で資料等をそろえる手間はありますが、認定されれば、等級に応じた自賠責保険限度額を、任意保険会社との示談の前に先取りできます
すぐに必要な治療費などに充てることができ、大きなメリットと言えます。

納得できる等級認定のために

どちらの方法でも、自賠責損害調査事務所が書面で定型的に判断しますので、同じ資料を提出すれば等級も同じになり、後遺障害慰謝料も同額になります。
しかしながら、むち打ちや高次脳機能障害など、目に見えにくく、数値化しにくい後遺症の場合、適正な等級認定がされない場合もあります
納得できる認定のためには、交通事故に詳しい弁護士などの専門家に相談して、ポイントを押さえた手続きを進めることをおすすめします。
初回の相談料は無料の事務所も多いので、利用してみてはいかがでしょうか。