後遺障害14級と認定基準

MENU
後遺障害14級と認定基準

後遺障害等級

交通事故でケガを負ってしまい、しかも、これ以上はもう良くならない状態になってしまうと後遺症障害と認められます。
治療をしたのに、見た目や痛み、機能障害などが残ってしまうこともあります。
その場合は、治療費の負担はもちろん、後遺症障害に対しても慰謝料が発生します。
この金額は後遺症の度合いによって異なり、それを定めるのが等級になっています。

後遺障害14級の認定基準

後遺障害は1級から14級まで分けられています。

後遺障害の中では一番軽いとされる14級ですが、それでも大きな体への負担があります。
具体的にはどんな症状が認められるのかというと、まずは神経痛です。
交通事故以来、体の一部に神経痛が残ってしまった状態の場合、後遺障害14級の認定基準をクリアしています。
見た目は回復してきていても、内部に痛みがある場合や、動きを加えると痛む場合などは認められる可能性が大きいです。
また、見た目でも後遺障害14級に認定される場合はあります。
見える部分の傷は、手のひら大の大きさの傷ほどで、わりと簡単に認められますが、見えない部分、洋服で隠れる部分の傷、たとえば、胸や腹、背中の場合は、傷の面積が4分の1以上あることが条件だったりします。

不安な場合は弁護士に相談

14級といえども認定を勝ち取るには、それなりの覚悟と手間が必要になる場合も多いです。
認定基準そのものの症状、あるいは基準を軽く超えている場合には、自分で、医師に後遺症診断書の作成を依頼して、それを提出すれば、保険会社側も納得して、後遺障害14級の認定をしてくれますが、そうでない場合は、けっこうもめます。
不安な場合や、一度14級が認定されなかった等納得のいかない場合は、弁護士に相談しましょう。
今後の方針等であれば、無料で相談に乗ってくれますし、費用がかかる場合は、事前に提示してくれますから、敷居が高いと思わずに、まずは相談することが大切です。

関連ページ

後遺障害等級とは
後遺障害1級
後遺障害2級
後遺障害3級
後遺障害4級
後遺障害5級
後遺障害12級
後遺障害診断書
後遺症と他覚的知見
後遺障害認定の申請
後遺障害の認定の申請は、事前認定と被害者請求の2つの方法があります。 それぞれのメリットとデメリットについて、わかりやすく解説しています。
後遺障害の逸失利益