後遺障害12級と認定基準

MENU
後遺障害12級と認定基準

後遺障害12級

自動車事故でむちうちの損傷が生じた場合で、保険会社から自賠責保険の保険金を獲得するためには、後遺障害の認定を受ける必要があります。
むちうちの損傷の場合の後遺障害は12級か14級になっています。

後遺障害12級の認定基準

このうち後遺障害12級を受けるためには認定基準を満たす必要があります。
12級の障害が認められるのは、
「局部に頑固な神経症状を残すもの」
という基準を満たしている場合です。
しかし、むちうちの損傷の場合には、14級の認定がされることが多くなっています

該当するケース・非該当のケース

実際に12級の認定を受けるためには、さらにいくつかの細かい条件を満たしている必要があります。

12級に該当するケースとしては、画像により神経症状をもたらしている部分が明確に捉えることができる場合があげられます。
また症状の原因となっていることが画像でも明確に判断でき、さらにそれらが複数存在していて、神経学的な検査の結果でも陽性と診断され、それらの結果が全て一致しているような場合も12級に該当します。

 

また腰の痛みが、加齢によるものか事故の影響によるものか判断がつきにくいような場合、事故による外傷が原因であることがはっきりとわかっているようなものは12級に該当する場合が多いです。

 

その一方で12級に該当しないと判断される場合もあります。
12級を申請した場合でも、事故が軽度のものである場合には12級に認定されないことも多くあります。
例えば、他の車に後ろから追突されたことが原因でむちうちの損傷を発生したケースで、相手の自動車の速度が低速度であった事が明らかで、運転した車両の損傷も軽微であるような場合です。
その他に12級に該当しないケースとしては、病院に通っている回数が少ないような場合があげられます。
12級に該当するような局部に強度の神経症状を残すものであっても、申請者が1月に1度ほどしか病院に通っていなかったことが明らかになった場合などには、12級の申請が認められないこともあります。

 

12級の認定は、かなりもめるケースが多いので、少しでも不安がある場合は、最初から弁護士に依頼するほうが、結果的に得であることが多いです

関連ページ

後遺障害等級とは
後遺障害1級
後遺障害2級
後遺障害3級
後遺障害4級
後遺障害5級
後遺障害14級
後遺障害診断書
後遺症と他覚的知見
後遺障害認定の申請
後遺障害の認定の申請は、事前認定と被害者請求の2つの方法があります。 それぞれのメリットとデメリットについて、わかりやすく解説しています。
後遺障害の逸失利益