交通事故弁護士後遺障害

MENU
交通事故による後遺障害で困ったら

後遺障害の認定

交通事故にあってけがをして、治療、入院をした後もなお生活に支障が出るような後遺症が残り、
その先の人生においてもその症状が続くようなときには、後遺傷害の認定を申し出ることができます。

 

後遺症は人によって症状は様々です。
軽い症状から重症の人もいます。
その人たちすべてに同じ額の支払いをするわけには行かず、また一人一人の症状に対し個別に算出するということも大変なことです。
そこで16等級142項目の等級に分類し、公平に認定を行っているのです。


後遺障害認定の手続き

後遺症認定の手続きは、相手方の任意保険会社が自賠責保険分も立て替えて一括で支払っているケースの場合、任意保険会社が後遺障害等級の認定手続きを行います。
これを「事前認定」と言って、書類や資料をそろえることもやってもらえます。

「症状固定」

後遺傷害の等級認定は、医師の診断で「症状固定」となった時点から始まります
症状固定となった時点での症状について医師に「後遺障害診断書」を書いてもらいます。
その診断書や画像などの書類を保険会社に提出し、損害保険料率算出機構に送付され調査された後、その結果が保険会社を通じて、申請から1か月半から2カ月くらいの間に等級を知らされることになります。
そしてその等級に応じた額の賠償金が支払われることになるのですが、その結果に納得できない場合は認定のやり直しの申し出をすることができるのです。


認定のやり直しは可能

やり直しは何度でも行うことができます。
再度手続きを行うことになるのですが、診断書や画像などの書類がもともとの認定の時と同じものだと結果は変わらないので、新しい書類を提出することが必要になってきます。

弁護士に頼んだ方が得

その際の手続きは、事前認定の時と同じように保険会社を通じて行っても、被害者本人が自らが適正な認定が下りるように手を尽くして書類などを用意し、利害関係性の低い自賠責保険会社に提出をする被害者請求という方法をとることもできます。

 

ただし、それを素人が全て自分でやろうと思っても、事実上できないといったほうが近いでしょう。
交通事故に強い弁護士に、ここは頼んだ方が正解です。

 

なお、事前認定では認定されても示談になるまで支払われませんが、被害者請求の場合は認定結果と同時に支払われます。

交通事故による後遺障害で困ったら記事一覧