MENU
追突事故を起こしたら・追突されたら

追突事故を起こしたら

追突事故を起こしてしまった場合、どのように保険を使うようにすればよいのか、わからないという人も多いはずです。
怪我人がいない追突事故の場合、物損事故処理が基本になってきます。
怪我人がいない場合や、ケガをしていたとしても短い期間の通院で済むようなケガである場合は、人身事故扱いではなく物損事故として処理されることもあります。

物損事故扱いの場合は自賠責や対人賠償が使えない

但し、物損事故扱いにしてしまうと、自賠責、対人賠償は使うことが出来なくなります。
自賠責、対人賠償は人身事故だけに適用されるためです。
そのため、追突された側の病院での検査費用、通院費用などは、すべて追突した側の自己負担になりますので、注意するようにしましょう。
また、被害者側の精神的苦痛に対する慰謝料をふくめた損害賠償は、示談交渉で決められます。

対物賠償で保険を使う?使わない?

対物賠償を使わない場合は、損害賠償に自動車の修理費用も含まれることになります。
もちろん、物損事故では対物賠償を使うことが出来ます。
対物賠償を使うと、追突された側の自動車の修理費費用は、追突した側の対物賠償から支払われます。

 

但し、等級が落ちてしまいますので、注意するようにしましょう。
修理費がとても安い場合は、等級のことと比較して自己負担にするか、検討することが大切です。
追突された側は過失ゼロであることが多いので、示談交渉をする時は、被害者自身が相手や代理店や会社と交渉することになります。
但し、示談交渉のための弁護士費用が特約としてついていたり、交渉に関する助言を受けられることもあるので、確認してみるようにしましょう。

 

また、物損事故になると、追突した側の行政処分や刑事処分が軽くなります。
そのため、被害者から示された損害賠償の額が少し高くても、成立させた方が有利になることが多いです。
人身事故で処理することになると、行政処分を受けたり罰金を払ったりしなければいけないためです。
加入している会社と相談をして決めるようにしましょう。

追突されたら

以上は全て加害者側の立場で書きましたが、被害者側としては、もちろんまったく逆ということになります。
物損事故扱にしてしまうと、あとから痛みが出た場合の治療費等の請求など、かなり面倒になりますし、仮に軽微であったとしても、きちんと人身事故扱にしておくことが大事です。