共同不法行為と損害賠償

MENU
共同不法行為と損害賠償

共同不法行為とは

共同不法行為とは、加害者が複数存在する不法行為を指します。
例えば、交通事故でいうと、2台の車が起こした事故に巻き込まれて怪我をした場合や、事故で怪我をした後に更に事故にあってもとの怪我が悪化した場合などが共同不法行為に当たります。

共同不法行為の場合の損害賠償請求先

このような場合は、どの加害者に対してにどのような損害額の請求をすべきでしょうか。
共同不法行為により生じる責任は不真正連帯責任といい、いずれかの加害者に全額を請求することができます(それぞれの加害者に過失の割合に応じて請求をする必要はありません)。
被害者は加害者の中から損害賠償を回収しやすそうな者を選んで請求することができ、共同不法行為者は誰かが支払った後に加害者同士で過失の割合に応じて調整を行うことになります。

自賠責と共同不法行為

では、自賠責と共同不法行為の関係はどうなっているのでしょうか。

 

加害車両が複数存在する場合には、自賠責の補償額枠も増えます

自賠責の怪我の保障は120万円が上限ですが、加害車両が2台である場合には補償額枠が240万円になり、治療額が120万円を超える場合でも240万円以内であれば自賠責による補償を受けることが可能となる場合があります。
また、後遺症が残った場合には怪我の上限120万円とは別額の自賠責が補償されますが、これも加害車両が複数存在する場合にはその分補償額枠が増える場合が存在します。
このように、加害車両が複数存在する場合には自賠責で優遇されることがあるので、過失割合やケースによっては任意保険に請求しなくても必要な補償を回収することができるケースが存在しうるのです(任意保険の会社の担当者と揉めて消耗するよりも自賠責からきっちりと補償を受けた方が効率よく損害額を回収することができるかもしれません)。

 

加害者が複数存在する場合の自賠責や保険の処理はケースによって異なるので、専門家に相談した上でどのような請求を行うかをよく考えて行うようにしましょう。