過失相殺と素因減額・好意同乗減額

MENU
過失相殺と素因減額・好意同乗減額

過失相殺とは

過失相殺とは、賠償請求に関して請求者にも過失があった場合に、過失分を考慮して請求額を減額する措置の事です。
この決定は裁判所が行います。

 

例えば交通事故等において、運転手のわき見運転によって前の車と衝突、前車内の人に怪我を負わせてしまったとします。
しかしこの時、前の車の人も特に止める理由もないのに急停止したり、後続車が来ているのにバックしようとしていたとすれば、被害者ではありますが注意すべき点とみなして、加害者への請求額を減らす措置を取る事があります。
これが過失相殺です。

過失相殺の方法

過失相殺の方法は、双方が交通ルールをどの程度違反していたか、常識の範囲を守っていたかで判断されます。
例えば上述の例の場合に、前の車の運転手が、後ろから来ている車はきっと止まってくれるだろうと一方的に思い込んでいたとしたら、それも過失となります。
また後の車の運転手も、わき見をしていなければ前の車の行動には気づけたはずなので、過失になるのです。

素因減額

損害賠償額を減額することができる物には、素因減額や好意同乗減額もあります。
素因減額は素因減責とも呼び、事故の発生原因に、被害者の心、あるいは身体的な理由がある場合に適用されます。
元々患っていた病気が、事故によって悪化した場合等が例です。
また加害者への怨恨から、過剰に痛みを感じたりして、多大な賠償請求を行う事も含まれます。
これらの問題は明確な判断が難しい為、長い時間をかけて裁判を行わざるを得ない状況も多いのです。


好意同乗減額

一方好意同乗減額とは、タクシーなどのように有料ではなくタダで車に乗せていた同乗者に傷を負わせてしまった場合に、規定通りの賠償金を払わずに、減額して支払うというものです。
友人が徒歩で歩いているのを見かけたので、車を運転していた自分が目的地まで乗せていってあげる等の例がよくあります。
そこで事故に遭った場合にタクシーの運賃料等、有償で事故に遭った場合と同じ条件で、無償の同乗者に支払いをするべきなのかという問題です。この場合に論点となるのは、同乗者がその事故においてどの程度の責任があるかという事です。
例えば同乗者がしきりに話しかけたり、運転者に何かを見せようとしてわき見をさせてしまった等が事故の一因であるなら、それに見合った減額措置が取られます。