右直事故と過失割合

MENU
右直事故と過失割合

右直事故とは

多くの車輌が走行している現代社会において、全てのドライバーがどれほど注意を払ったとしても無くなる事のないのが交通事故です。
もちろん、一人一人のドライバーは充分に注意しているのは当然ですが、天候や道路の構造、そして車輌故障による避ける事の難しい交通事故や、ドライバーの過失による事故まで、原因を考えるだけでも様々な可能性があるからです。
そんな交通事故の中でも特に発生しやすいのが交差点における交通事故です。
特に、右直事故と言われる、右折車と直進車との間に発生する事故は、その殆どが正面衝突となる事が多く、重大事故となる場合が多くなっています。

右直事故と過失割合

では、もしもそんな右直事故の当事者になってしまった場合、過失の割合はどのようなものになるのでしょうか。

 

一般に、交通事故が発生した場合は、過去の事例に基づき、状況別に基本となる過失割合が定められています。
そして、その割合に応じた損害額を、事故の当事者同士が賠償しあう事となっています。
右直事故の場合は、原則として右折者の過失が多く計上され、信号機の無い交差点の場合、また、信号機が有ったとしても双方が青で交差点を通過した場合は、右折車が7割、直進車が3割となるのが通常となっています。
これは、直進車に比べ進行方向の変更を試みた右折車に、より、前方確認義務が課せられているからなのです。


過失割合の修正

しかし、同じ右直事故の場合でもその割合が修正されるケースが有ります。
これは、信号機の有る交差点で、直進車輌が赤信号でその交差点を通過しようとした場合が最も大きく修正されます。
直進車輌が優先され、交通事故が発生した場合、右折車輌により大きな責任が負わされることが普通ですが、赤信号で交差点を通過しようとした直進車輌の場合、そもそもその交差点には進入する事無く停車する義務が有るのですから、青信号で右折した車輌に過失が認められることは無いのです。

 

このように、あくまでも基準となる過失割合は交通法規に則った走行をしていた場合にのみ適用され、違反車輌に対してはその割合が修正される事となっているのです。