既往症と素因減額

MENU
既往症と素因減額について

素因減額とは

交通事故にあって被害者となりけがをした場合は、被害の程度により損害賠償の金額が計算されますが、減額される場合があります。
そのひとつが「素因減額」です。

 

素因というのは被害にあってけがをした人がもともとかかっていた病気やけがのことで、その既往症のためにけがの被害が大きくなったとみなされ賠償金が減らされることです。

 

事故によって起きた損害が、その事故によって通常起こりうる損害の程度よりも大きくなってしまった場合、その損害拡大は被害者自身の事故前からの身体的、心因的な要因によって起こったものだとみなされ、その部分においては被害者が自己負担をするということです。

 

身体的素因とは被害者の身体のうちで健康とは言えない要因をさし、心因的要因とは被害者の性格や意欲などの心理的な面で健康とは言えない要因のことを指しています。

減額されるもの・されないもの

裁判においてはこのような健康といえない要因が事故の被害に実際に関わっているのかどうか、またどの程度かかわっているのかで判断されそれに応じて減額される割合が決められます。

 

後縦靭帯硬骨化、脊柱管狭窄、脊椎分離、腰椎分離、腰椎すべり、肩頚腕症候群やPTSDなどに関してはほぼ減額の対象となるのですが、ヘルニアや変形性頚椎症などに関しては、老化現象によって年齢相応に症状が出ている場合などは、その対象にされないことが原則となっています。

加齢によるものは除外

加齢によって起こる症状に関しては、事故前から必ずしも痛みなどの症状が出ていたとは限りません。
痛みを感じないまま生活していた人が事故によって傷みなどの症状が出てきてしまう場合があります。
そのような場合、それまで何ともなかった症状で長い間悩ませられること出てきます。
加齢によって起こる症状は人間なら誰でも避けて通れないことです。
だからそのような加齢に伴う症状によって被害が拡大したときには素因減額の対象にはならないということになっているのです。

 

素因減額が適用されるかどうかは、高度な判断となるため、素人の手におえるものではありません
減額の金額も一般的に小さくありませんから、納得のいく結果を得るためには、弁護士の力が欠かせません