代車費用出る・出ない

MENU
代車費用出る・出ない

代車費用は簡単には出してくれない

事故にあって自分の車が故障し修理をする間、代わりの車を借りるというケースは少なくないでしょう。
そして、被害に合った側としては、代車を借りる費用は、加害者側の保険会社がもってくれるものだと考えるのは、当然だとも思います。

 

しかし、実際のところ、保険会社はそう簡単に代車費用を出してくれないということを、まず頭の中に置いておいていただきたいと思います。
理由は、保険会社としてできるだけ保険金を抑えたいからです。
何とも身勝手と思うかもしれませんが、これが現実です。

 

ただ、たまに聞きますが、代車費用が出る出ないというのは、過失割合に影響されるわけではありません
過失割合が100対0で相手が悪い場合のみならず、こちらにも過失がある場合でも、出るときは出ます。
出る出ないの判断は、原則的には、代車の必要性を基準に判断されます。

 

代車費用出る・出ない

出ない例

まず、こういったケースは代車費用は出ないという典型例としては、

  • 代車として適切とは思えない高級外国車を借りた
  • 代車は借りたが、実際友人等から無償で借りた

といったところが挙げられます。

 

出る例

 

逆に、保険会社も代車費用の支払いに関して「うん」と言わざるを得ないのは、日常生活において、車の使用が
不可欠であることが明らかな場合です。

 

例えば、

  • マイカー通勤用であるとか、
  • 病院への通院用だとか、
  • 子供の送り迎えに不可欠だとか、

何らか不可欠な理由がある場合は、保険会社としても対応せざるを得ないでしょう。

 

いずれにしても、最初から「お支払します!」と言ってくれない保険会社も少なくないので、仮に代車費用は出ないと言われても、粘り強く交渉していくことが必要となります。
ポイントは「代車の必要性」、これに尽きます。