治療費等賠償の打ち切りを防ぐ

MENU
治療費等賠償の打ち切りを防ぐには

打ち切りとは

交通事故でケガを負った場合、それが完治するまでかかった費用は加害者がすべて負担するものだと、被害者と
しては考えるのが普通だと思います。

 

ところが、まだ治っていないのに、加害者側が、その費用負担を止めると言ってくることがあります。
それが、「打ち切り」です。

被害者としては、まだ治っていないのに、とんでもないことだと怒り心頭に発するわけですが、加害者としては「延々といつまで支払えばよいのか」「できるだけ賠償額を抑えたい」という考えから、打ち切りを言ってくるわけです。

 

もちろん、加害者側として、何の根拠もなく、いきなり打ち切りを宣言してくるわけではありません。
そこには、被害者側としても知っておいたほうが良い、「打ち切り」を言われやすい状況というものがあります。

 

「打ち切り」を言われやすい状況

まず最初は、通院の頻度です。

 

被害者がロクに病院にもいかないで、全然治らないから治療費を払い続けろと加害者に言っても、説得力に欠けます。被害者の治癒への意欲が疑われるからです。
きちんと通院して、その実績を作ることは、その後の交渉においても、非常に重要です。

 

次に、いわゆる「漫然治療」です。

 

漫然治療とは、とりあえず通院して治療も行ってはいるものの、その内容からして治癒を真剣に目指すというには疑わしい治療のことを言います。

 

例えば、リハビリ治療とは名ばかりで、実際にはマッサージにすぎなかったり、薬は飲んではいるものの、栄養剤的なものばかりだったりといったものです。

保険会社が打ち切りを言ってきたら

まず一番やってはいけないことは、感情的に相手と接することです。
これは本当に百害あって一利なしです。
まったく良い所はほんの少しもありません。

 

事故の交渉は、すべて裏付けや判例、正当な理由で成り立っていることを肝に銘じましょう。
感情的になればなるほど、損をします。

 

その上で、あなたの言い分を裏付ける資料や書類・材料を集めることです。
どのような材料が適切なのか、その材料をどのように集めればよいか、それらを元にどのように交渉するか等、できれば事故に強い弁護士にまかせたほうが、はるかに上手くいく可能性が高いです。