ADRのメリット・デメリット

MENU
ADRのメリット・デメリット

ADRとは

ADRとは、Alternative Dispute Resolutionの略で、訴訟手続によらない裁判外紛争解決手続のことを言います。
もし皆さんが車やバイク、自転車などを運転している最中に不幸にも事故を起こしてしまったり、被害を受けた場合、一般的には保険会社が加害者と被害者の間に入り、事故解決に向けて、過失割合や損害賠償額の算出・提示等を行い、示談に向けて話を進めていきます。
しかし、中には、その内容にどうしても納得できないというケースもあります。
その場合、すぐに裁判で決着をつけるというのではなく、紛争解決機関が間に入って、話がまとまるようにしましょうというのが、ADRというわけです。
公益財団法人交通事故紛争処理センターや公益財団法人日弁連交通事故相談センターなどが、ADRの代表例です。

ADRのメリット

このADRのメリットは、何といっても平行線をたどってしまった当事者間の問題を解決に持っていくための糸口を見つけることができるという点ではないでしょうか。

 

当事者の意見は異なっても、他人の意見を取り入れることで納得するケースもあるでしょうし、納得はいかずとも公正な判断を下していると理解できることもあるでしょう。
また、決定力がありますのでいつまでも長引いてしまうことなく、保険会社などに対して支払いの請求を行うことも可能です。
そして、裁判などに比べて費用も少なくて済みます。

ADRのデメリット

逆に、デメリットも存在します。
相手方が協定を結んでいない場合には、実質的な実行力、拘束力がなくなってしまうのです。
ですから、仲介を入れたのだけれども結局のところ解決しなかったということも考えられます。

 

また、ADRは、加害者・被害者どちらの味方でもないということを、頭に入れておかないと、自分が納得できる内容とはほど遠いことに失望することになります。

 

このため、納得のいく結果が欲しい場合は、やはり弁護士に依頼するケースが多いのも確かです。