交通事故紛争処理センター(紛セン)

MENU
交通事故紛争処理センター(紛セン)は被害者の味方!?

交通事故紛争処理センター

交通事故の紛争処理にあたる交通事故紛争処理センターという組織があります。
この紛センの運営経費は主に自賠責の運用益から出ています。

交通事故紛争処理センターの現状

自賠責の運用は保険会社が行っているため、保険会社が後ろだてとなっており、扱える件数には限りがあることが現状の問題点となっています。

 

また紛センには弁護士も在籍していますが、彼らの報酬についても自賠責の運用益から出されています。
したがって雇える弁護士の数には限りがあるため、扱える件数を増やすことは無理があります。

すぐには対応してくれない

これらの現状から、交通事故を起こして交通事故紛争処理センターを利用する場合は、ある程度の待ち時間がかかるということを認識しておくことが大切なこととなります。
こういったことを頭に入れて利用することが必要です。

交通事故紛争処理センター(紛セン)は被害者に有利!?

また交通事故紛争処理センターは仲裁のための機関であり、被害者のためのものではないことも認識しておくことが必要です。
交通事故紛争処理センターに申し込むと、弁護士と保険会社が交渉をしてくれるのですが、法律的な立証や主張が持ち出されるため、思いもよらなかった争点が出てくる場合もあります。
賠償が発生するためには、事故の真実が追及されることが必要となります。
交通事故紛争処理センターを利用すると、弁護士や保険会社が正当な手段で事故の究明に当たります。
その結果被害者に不利な結果に終わることもあります。
このあたりのことをよく知っておくことが大切なこととなります。

交通事故紛争処理センターには、いくつかの問題点があることや、被害者を救うための組織ではないことをきちんと認識して付き合うことが必要です。
この組織を何でも解決してくれるところと甘く考えないことが常識となっています。

あくまで中立的立場で紛争処理にあたりますから、少なくとも自分が納得のいく結果を得たい場合は、紛センではなく、弁護士に依頼したほうがはるかに満足できる結果を得られる可能性が高いといえます。