交通事故で弁護士に相談・依頼するタイミング

MENU
交通事故で弁護士に相談・依頼するタイミング

弁護士に依頼するタイミング

交通事故に慣れている人はいません。
人生の中でも一度あるかないかくらいの確率ですから、経験値がない人が圧倒的に多いはずです。
それだけに、いざ交通事故に遭ったらどうすれば良いか、冷静に様々な判断ができないほうが普通です。
だからこそ、弁護士の登場ということになるわけですが、どのタイミングで弁護士に依頼すれば良いでしょうか?

人身事故の場合はタイミングに気をつけて!

実は交通事故の内容によって、タイミングも変わってきます。
2つのケースに分けてご紹介します。
1.物損事故の場合
人の死傷がない事故のことを物損事故といいます。
物損事故は、人身事故と比べて、一般的に、保険会社からの賠償金の提示額が、交渉によってかわることはあまりありません。
ただし、事故によっては持っていき方によって金額が変わることもあるので、弁護士に依頼する前にとりあえず相談してみる価値はあると思います。

 

交通事故で弁護士に相談・依頼するタイミング
2.人身事故
弁護士事務所のホームページでは、後遺障害の等級が確定した後(症状固定といいます)に、弁護士を依頼しましょうと書いてあります。
しかし、実際には、事故に遭ったらすぐに依頼するほうが良いです。
しかも、交通事故処理に精通した弁護士に頼むことが絶対に大事です。
なぜ弁護士が、症状固定した後に依頼しましょうと言っているのかというと、
等級がわからないうちに、引き受けてしまうと、弁護士にとって「骨折り損のくたびれもうけ」的な案件である危険性があるため、
それを避けて、確実に稼げる案件だけを選びたいからです。
交通事故に強い弁護士は、医師に後遺障害診断書を書いてもらうところから、その能力を発揮します。
後遺障害診断書の書き方ひとつで、後遺障害の等級は簡単に違ってきますし、
等級が違えば、慰謝料の金額ももちろん違ってきます。
ですから、間違っても症状固定した後ではなく、事故に遭ったらすぐに相談・依頼をしましょう。
交通事故に強い弁護士であれば、その段階で引き受けてくれます。
そういった弁護士に心当たりがなければ、日本法規情報の利用が便利です。
無料で弁護士の案内をしてくれます。(電話:050-7301-9178)