交通事故弁護士相談

MENU
交通事故弁護士相談ガイド

交通事故と弁護士よくある疑問や不安

普段、弁護士と付き合いのある人のほうが圧倒的に少ないですから、いざ交通事故で弁護士を頼むということになると、様々な疑問や不安を感じて、依頼するのに敷居が高く感じたりするのも無理はありません。
しかし、案ずるより産むがやすしで、実際に相談してみると、相談して良かったという人がほとんどです。
よくある疑問や不安を挙げてみましょう。

やはり交通事故に強い弁護士を探すべきなのだろうか

相談する弁護士が交通事故に強いということは「絶対条件」です。
というのは、交通事故の事案というのは専門性が高く、何といっても交通事故にまつわる専門的知識と実績がものを言うからです。
弁護士の能力によって、解決のスピードや保険金の増額など、雲泥の差がつきます。

弁護士の知り合いもいないし、どうやって探せばよいだろうか

日本法規情報の弁護士案内が便利です。
(電話:050-7301-9178)

相談内容を伝えると、無料で最適な弁護士を案内してくれます。

弁護士に頼むのは良いが、費用倒れにならないだろうか

弁護士が、実際依頼されて着手する前に、おおよその費用を教えてくれます。
それで、もし採算が合わない場合は、依頼する前に断ることもできます。

相談の電話をして、いきなり相談料を請求されても困る

いきなり相談料をとられることはありません。
費用がかかる場合は、弁護士が事前にその旨を伝えてくれます。

弁護士に相談・依頼することのメリット

精神的負担の軽減

通常、示談交渉は、双方の保険会社がやってくれますが、過失割合が10対0のケースは、自分が契約している保険会社はやってくれず、自分自身で、相手や相手の保険会社・弁護士と交渉する必要があります。
また、保険会社が入ってくれても、被害者として納得できない示談案が、一般的に提示されるケースが多々あり、それに対抗することを考えるだけでも、精神的負担は大きいものがあります。
弁護士に依頼すれば、金銭面のメリットはもちろんですが、こういった精神面でのメリットも大きいです。

保険金の増額

交通事故に強い弁護士に依頼すれば、かなり多くのケースで、保険会社にまかせておくよりも大きな損害賠償金を得られます。
弁護士費用を考えてもプラスになるケースが多いです。

まずはアクションを起こしましょう

自分ひとりであれこれ悩んでも、何も変わりません。

 

先ほどご紹介した日本法規情報では、たとえば、

  • まだむち打ちの痛みがあるのに、保険会社から打ち切りと言われて困っている
  • 示談で提示された金額に納得がいかない

といった現在の状況を伝えると、すぐに最適な弁護士を無料で案内してくれます。
弁護士への相談を機に、状況が好転した例は数えきれません。
満足のいく示談に向けて、まずは電話されることをおすすめします。